FC2ブログ

飛騨高山ウルトラマラソン

先週の日曜日が飛騨高山ウルトラマラソンでした。





なんとか完走できました。
なかなか厳しい大会でした。
タイムは13時間42分と
今までの100キロウルトラのワースト記録でした。

先月の比叡山トレラン大会向けて、最近の練習が愛宕山の往復ばかりしてたので、
ウルトラ向けのロング走の練習をやっつけで2回しかできてなかったのが敗因やと思います。


今回の自分のテーマは最後まで胃腸を潰さないでゴールする事でした。
大会前日はバカ食いしませんでした。
ただ、ビールは2杯飲んじゃいました。

レース直前にはガスター10を飲みました。
それと今回の秘密兵器がこれ!





最近、ウルトラの達人に教えもらったんやけど
吐き気を抑えるためには空腹を避けて、走りながら食べる事だと言われました。
柿の種をペットボトルに入れて食べながら走るのが良いらしい。
と聞きました。

早速、僕もマネする事に。
さらにベビースターラーメンと柿の種を混ぜるという自分流のアレンジもしちゃいました!

サスガ俺!

これをボトルポーチに入れて走る事にしました。
ですが・・・・・・・


走り出してすぐに失敗に気づきます。

失敗1
音がうるさい事。
マラカスのような音がずっとシャカシャカ鳴ってます。
恥ずかしいぐらい周りに鳴り響きます。
一緒に走ってたラン友が僕がどの方向にどの距離に居るのか音で分ると言われました。

失敗2
ベビースターラーメンしか出てこない。
途中で気が着いたんですけど、走りながらシェイクし続けると、
柿の種はボトルの下に溜まり、ベビースターラーメンがボトルの上にと分離されてました。
粒が荒い柿ピーが下って事は、着地の衝撃より飛び上がる動きをしているのかも知れません。
裏のリズムで走っているという事か・・・・
まま、この辺はどうでも良いんですけどね。

失敗3
ペットボトルの口が小さすぎて中身が出てこない。
ペットボトル入り口にベビースターラーメンがつまり、ほんのちょっとしか出てこない。

失敗4
ベビースタラーメン食べたら口の中がパサパサで喉が渇くもエイドの距離が微妙に長く水分補給できない。
エイド間が意外と長かったのは想定外でした。
今まで出た村岡も丹後ももう少し短い間隔でエイドがあったと思うんですけどねー
秋の大会は残暑を想定してエイド間が短い設定なのかも??
飛騨高山は微妙に距離あいてました。


40キロ地点のエイドで
全然、出てこない大量のお菓子を泣く泣く全部捨てて空にし、
空のペットボトルにはドリンクを入れてもらって走る事に作戦変更しました。
やっと、恥ずかしいマラカス音から開放されました。

ここでガスター10を再投入。
80キロ辺りまで胃腸は大丈夫!

微妙にゲップが出だした頃に自販機を発見。
果汁90%のトマトジュースを飲むと胃がスッキリしました。
90キロ辺りでも同じトマトジュースをもう1本飲みました。
飲みすぎかと思ったんですけど、ゴールまで胃は大丈夫でした。
ゲップが出だすと、胃がヤバイ信号なんやと思いました。


60キロ地点ぐらいまで、ゴールできないかもとかなり焦ってたんです。
DNFが熊野古道から比叡山と2連続やったんで飛騨高山で完走できなかったら立ち直れないかもしれません。
80キロぐらいでなんとなくゴール出来る事がわかると、急に気が抜けて、すでにタイムも遅いし
ギリギリでもゴールできたらええわと、いう気持ちになり、かなり歩きました。
ひとまず、完走メダルをもらえて嬉しいです。



反省点は・・・・
次回からは小袋に小分けされた柿の種を持って行く事。
100キロ用の練習をちゃんとこなす事。


今までウルトラ(100km)の記録
2015年9月 村岡   累積高低差3,600m タイム12時間50分
2016年9月 丹後   累積高低差2,470m タイム13時間17分
2018年6月 飛騨高山 累積高低差3,000m タイム13時間42分

ご褒美の飛騨牛のお寿司2 貫で1,000円
醤油つけてからバーナーで軽く炙ってます。
美味かったー



スポンサーサイト



比叡山で脱水症状でDNF

先日の比叡山のトレラン大会ですけど、
残り6キロを残し、脱水症状によりDNFしてしまいました。


脱水症状の序章は前日から始っていたいたのです。

レース前日の昼食はウドンと稲荷すし1個とオニギリ1個。
そして夕食がラーメンとチャーハンでお腹一杯。
レース前はカーボローディングと言う事で詰め込むように炭水化物を食べました。
寝る前にスナック菓子のカールを一袋食べて睡眠薬を飲んで寝ました。

胃袋を満タン、胃をフル稼働させたままレースに挑む事になったと思います。

昨年のハセツネでもレース途中から胃がヤラれて吐き気と戦いながら完走しました。
水が飲めなくなり、お茶やと飲めたんです。
お茶の薄い苦味が良かったん です。

なので 、今回はボトルにお茶(ほうじ茶)を入れて走ってました。
さらに、粉のお茶の元みたいなのをジプロックに入れてましてー
エイドで、水をもらたら、粉のお茶の元をボトルに足してお茶にしてました。

この行為も脱水症状に繋がったと思います。
ほうじ茶にもカフェインがはいってて、カフェインって利尿作用があり、
体内の水分を体外に出す作用があるんです。


それと、レースに向けて、一週間ほど、コーヒーをやめてまして、
カフェイン抜きを実践してました。
レース中盤にカフェインサプリを飲んでゴールまで乗り切る作戦でした。

カフェインサプリを飲んだ後、2時間ぐらいは頭がスッキリしてて調子良く走ってました。
これも、胃を痛めた原因やと思います。

残り15キロぐらいで吐き気がジワジワきます。
気が着くと、胃が水分でチャプチャプな感じ。
胃に水が溜まってて胃が動いていない感じ。

当日の気温は高かったのですが、午後の3時ごろの山の上の気温は思ったより暑くなく
それほど、水をそれほど飲まなくても行けそうな感じです。
口が渇くと少しお茶を含む程度で進んでいきます。

残り10キロぐらいの長いロードの下りからだんだん息が上がって超スロージョグ状態となります。
でも、まだ走れてるし、歩けてるし、時計と体の具合を考慮してもゴールできるなーっと思ってました。

第4エイド手前の上り坂で突然異常に気が着きます。
上り坂が息が上がって歩けません。
突然です。
端に寄って止っても息が上がり っぱなしで全然戻りません。
10分ぐらい止ってても息が上がりっぱなし。

第4エイド手前の1キロが30分ぐらいかかってしまいました。

第4エイドからゴールまで残り6キロ。
制限時間まで1時間25分残ってます。
緩い下りで4キロと上りが2キロでゴールできます。


でも、止ってても息が上がりっぱなしで戻らないんですよー
それと、吐き気。吐いてもなにも出ません。

ナント!ここで、第4エイドでやむなくリタイアしてしまいました。
人生初の収容車の御世話になりました。
収容の観光バスがきました。
乗ると全シートにはビニールシートがひかれてるんですね。

この後、3時間ぐらい息が上がったままで、何も飲めないし動けない感じです。
倒れてゼーゼーしてまし た。
仲間に運転してもらって帰って来ました。

これまたホロ苦い比叡山のトレラン大会となりました。



反省まとめ
前夜の食べすぎで胃に負担。
お茶で利尿作用の脱水。
カフェインサプリで胃が荒れる。


こんな流れやと思いますわー


ウルトラとか長時間の時は、胃腸のケアも改めて大事やと思いました。
フルマラソンではこんな事は起こらないんですけど、
鯖街道も村岡100キロマラソンもハセツネも、いつも途中から吐き気してました。

今後の対策。
走る前の週はビオフェルミンとか飲んで腸内環境を整える。
前日に胃に負担が掛かりすぎる食事はしない。
走る前、途中で、胃酸を抑える薬(ガスター10)を飲む。
お茶は飲まない。OS1みたいな経口補水液をギリギリまで飲む。
カフェインサプリや、ロキソニンのような、胃に負担のかかる薬は飲まない。

次回は来 月、飛騨高山のウ ルトラマラソンなんで、失敗しないように注意します。


ロング走の内臓負担の事を書いたサイトをみつけました。
http://fun-run.tokyo/recovery7.html







愛宕山10往復

先週末も愛宕山へ
今回は2往復だけ。
ちょっと暑すぎたのと、比叡山トレラン大会の2週間前なので
怪我も怖いしねー
今回は筋肉痛がメチャ少ないです。

4月は愛宕山づいてました。

標高924mの愛宕山に4月だけで10回も登りました。
距離は1往復で8キロぐらい。
スタート地点の二の鳥居が標高90mぐらい。
往復の場合は折り返し地点が二の鳥居より400m先のお助け水が標高160mぐらいではあるんですけどね。

この一ヶ月ですっかり初夏っぽくなりましたねー
梅雨までのこのシーズンが一番良いですね。

こんな練習で比叡山対策になってるのかちょと疑問ですけど。







愛宕山三往復2回目

最近、かなりトレランづいてます。


5/12の比叡山インターナショナル・トレイル・ランまで一ヶ月を切りました。
距離は50キロ。累積高低差3,700m。制限時間11時間。
完走できるか全然自信ないです。

目標は時間内の完走。
目標に向けて練習あるのみです。

先週末の土曜日も、近所の愛宕山へ登ってきました。
山頂の愛宕神社で強烈なジムニーを発見しまた。
何故か、フール部分を強引に切断されてます。
ライトは1個割れてるし、ナンバープレートも無いし。
側面もベコベコでした。
整備とかちゃんとされてるんやろか??
愛宕神社には水が無く、下から車で持って上げてるらしいです。
一般車両が入れない裏道があるようです。






さてさて、今回の練習ですが、前回に引き続き愛宕山三往復でした。
前々週の愛宕山三往復では気温がかなり低く、山頂付近はTシャツでは寒いぐらいの温度やったので
三往復が約6時間でしたが、今回は気温がかなり高く、(京都市内では約30度)三往復で7時間近くかかりました。





気温でタイムが大きく変わりますね。
本番の気温はどうなるんかなー?
雨もいややけど、暑いのいややな。

二週連続の三往復なので、走った後の筋肉痛が少しマシかも?
前太ももの筋肉痛がかなり少ないです。
フクラハギはそれなりに筋肉痛ですけど、前回よりはマシ。
体が少し慣れたのかもしれません。

中一日おいて、1時間ほどジョグしてきたんですけど、トレイルで使う筋肉と平地を走る筋肉は違いますね。
筋肉痛が残ってたんですけど、平地は走る事が出来ました。

それと、トレイルの下りに少し慣れたかも?です。
体が後傾にならないように、重心を前に意識して下るのがいいかも??
決して速いわけではないんですけどね。


とりあえず、本番まで3週間切ってます。
今週末はどんな練習しよかな?
オーバーワークにならんように、捻挫せんように調整して本番を迎えたいな。





愛宕山3往復

最近、トレランづいてます。

人生初の熊鈴を買っちゃいました。

COGHLAN'S(コフラン) ベアーベル
http://amzn.asia/0tjsrbF

比叡山のトレラン大会で必須装備品に指定されてるんですよ。
磁石がついてて、引っ付けると音が鳴らなくなるんですよ。

週末、愛宕山で使ってみたんですけど、ウルサすぎました。
トレッキングのオバチャンにこんな所で鈴は鳴らさなくていいと注意されました。
おばちゃんスンマセン。

磁石を鈴の側面につけると、若干、音がミュートされます。
それでも音が気になったので、ポケットにしまってしまいました。
熊鈴ってホンマにいるのかな??

そそ、週末はナント!!!
愛宕山を3往復してきましたぞ!
修行のようでした。
前腿とフクラハギが筋肉痛です。

3往復と言っても上では愛宕神社でお参りし、
下りの折り返しは麓の鳥居より300m上の湧き水ポイントで給水して折り返してます。
ボトルポーチ1個で走ってました。

2往復目の下りまでは余裕があったんですけど、
3往復目の上りからちょっと疲労感がキツくなってきました。
さらに3往復目の下りでは足が重くて何度かつまずきました。
足が上がってないやと思います。
シンドくて、ペースを落として下ります。
コケたり捻挫したら最悪ですしねー





昨年、思いつきで参加したハセツネ(約20時間)。
ハセツネ用にトレランショップの店員さんに言われるままに買った
サロモンのS/LAB SENSE 6が上級者向けすぎるんちゃうかなー??
たったの220gしか無い軽い靴なんですよ。
軽量=クッション性無しって事ですよね?

着地衝撃によりだんだん足が動かなくなるんちゃうかな?
ハセツネの時も後半歩きっぱなしやったのもこの辺にも原因があるかもしれません。
かといって、今更、ホカ・オネオネとか買い換えられないしなー

とりあえず、インソールだけ買おうかと思っとります。
軽量でクッション性がある良いの知りませんかね??

だいたい、愛宕山の往復だけで比叡山は完走でけるんやろか?
次週はインソール買って、愛宕山を4往復してみよかなー?
やるか、やらんか、わからんけれど。
迷える子羊状態ですわー